2017年11月15日

2017年の野球観戦後半

こんにちは!楠本です。

最近患者様から
「ブログ見てますよ〜。プライベートのブログがもっと見たいです!」

と声をかけられる事がチラホラ。


…最近研修会報告のブログしか書いていませんでした


という事で、ずっと書けずにいた野球観戦報告です

ニュースなどでご存じの方もいらっしゃると思いますが、楠本が日々応援している野球チーム横浜DeNAベイスターズが

日本シリーズ進出を果たしました!!


そこで今回は観戦した試合の報告をさせていただきます


まずはクライマックスシリーズ。
DeNAはシーズン成績が3位なので、2位のチーム阪神タイガースと試合があります。3戦中2勝したチームが1位の広島東洋カープとの試合に挑戦できます。

DeNAは3位ですので、試合場所はもちろん甲子園球場。


実は楠本は甲子園球場で野球観戦をした事はないのです


IMG_2271.JPG


球場はレトロな雰囲気で個人的にとても好みです。
ドーム球場は便利で良い球場ですが、屋外球場の雰囲気が楠本の好みなのです


甲子園に限定グッズが楠本の大好きなスターマンです。

IMG_2323.JPG


やはり阪神ファンの応援はすごいです!皆様熱い!

特に風船を飛ばした時は圧巻です

IMG_2324.JPG


この日の試合は残念ながら負けてしまいましたが、とてもいい試合でした


翌日は私は大阪の鍼の研修会へ。主人は野球観戦。

報道でご覧になった方もいると思いますが、雨の中で泥ん子野球。

主人は大分雨濡れてしまったようです

その後阪神・広島に勝ち日本シリーズ進出です


相手は福岡ソフトバンクホークス。

第1、2試合はヤフオクドーム、第3〜5試合は横浜スタジアム、第6、7試合はヤフオクドーム。
4勝した方が日本一です。

色々な方に「福岡行かないんですか?」「もちろん横浜スタジアムは行きますよね!」

と声をかけられましたが、今回は行けず

ただし、第6戦を横浜スタジアムのパブリックビューイングに行きました


大きいモニターで見ます。
スタジアムDJがいたり、チアやマスコットもいるので現地で参加している気分。

IMG_2325.JPG

しかーし極寒


日々患者様に冷えないよう指導しているのに、寒すぎて震えていました


試合は残念ながら負けてしまいましたが、こんなにも長いシーズン野球を楽しめた事は人生初です。


長いシーズンも終わりましたし、これからはおとなしくしつつ次のシーズンに備えたいと思います



楠本
posted by そあら鍼灸院 at 17:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

H29.10東京漢方鍼医会

こんにちは!楠本です。

なかなかブログを更新できずに申し訳ありません

今回の研修会報告の記事の後に楠本のプライベート(といっても野球ネタですが…)な内容も更新したいと思いますのでよろしくお願い致します

では10月22日に東京漢方鍼医会に出席しましたので、例会報告です。

会場は高円寺中央会議室。
何と、台風が接近中

大雨の中、会場に向かいました

まずは第1席の講義テーマは「聞診」

東洋医学の診察法の1つ。「聞診(ぶんしん)」
「聞く」という言葉があるので始めに「私達が患者様に尋ねること」についてだと思いませんか?
例えば「今日はどこか辛い所ありますか?」などです。


それは「問診」であって、「聞診」は別の内容になります

「聞診」は声や匂いを元にした診察法。

声や匂い、ピンとこない方もいらっしゃると思います。
その日によって声の感じが違う事はありませんか?

今日は声が出しにくくて弱弱しい声。
今日は元気で張りのある声。

その日によっても声のトーンは大分違うと思います。

また体臭や口臭。こちらも日によって変わるでしょう。
こういった事を診察に使います。

患者様からすると少し聞きなれないかもしれませんがこの「聞診」も東洋医学で用いられる大事な診察法の1つです

講義中はこんな風景です。


IMG_2281.JPG


2席目は難経脈論6。

今年から始まった、鍼灸の古典書「難経」に書かれている事に対して共通認識をはかるようにしています。

脈については皆様議論が止まらないですね

白熱した時間でした


午後は実技。

最近は僅かな時間ですが、楠本も初学者の指導を担当せざるを得ない事が続いています。
指導は難しいですし、責任の重い仕事なのでプレッシャーです


・・・が人員的には仕方のない事ですので私のできる精一杯の指導をしたいと思います


では、一気に寒くなりましたので、皆様お体冷やさないようにしてお過ごしください


楠本
posted by そあら鍼灸院 at 16:50| 漢方鍼医会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

H29.9東京漢方鍼医会

ここ1週間寒くなってついに秋到来
と思いきや日曜からはまた暑いですね
寒暖の差が激しいとお体の調子を崩しやすいのでお気を付けください。


さて、9月24日は東京漢方鍼医会の研修会がありましたので、そちらの報告です。

9月の東京漢方は久我山会館で開催されました。

第1席目は「夏期研の振り返り」

8月に名古屋で夏期研修会が開かれましたのでその振り返りです。
名古屋の夏期研の様子はこちらから→

ちなみにちょうど1年前に楠本も夏期研の振り返りを発表しました

緊張したことはよく覚えてます
1年前の楠本の発表はこちら→

夏期研の発表内容のまとめていただき、参加者の感想を伺ったり、先生の私見を伺いました

ちなみにこんな様子でした

IMG_2248.JPG


2席目は難経脈論。

古い医学書はどうしても色々な解釈に分かれてしまいます。
「同じ会の先生方との間で統一した見解を持とう」という事で以前から進めている継続の講義です。

今回のテーマは脈を打つ速さ。
患者さんにも分かりやすい「脈の速さ」もお体の状態を表すものの1つです。

1回の呼吸の間に脈を何回打つ時体は古典ではどう書かれているか。
皆様の臨床のお話を交えながら論議を進めました

午後は実技。

普段指導を担当する先生方は来年の夏期研のために別の研究班に組み込まれます。

そうすると普段は指導を担当しない楠本も初学者の指導に担当せざるを得ない…。
なかなかのプレッシャーです

脈を診る、ツボを取る。そういった基本的な事を教えると自分の勉強になります

後半からは研究班の先生方も合流。

今度は楠本の班は打って変わってベテランの先生方に囲まれた班に。

色々な先生に囲まれ、勉強になった1日でした

楠本




posted by そあら鍼灸院 at 12:00| 漢方鍼医会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする