2016年03月18日

タイミング指導だって気を遣う

こんにちは、楠本です。

少しずつ暖かくなってようやく春到来でしょうか?

患者様の中には暖かくなってから妊活再開をおっしゃる方もいらっしゃいます。
そろそろエンジンをかけてもよさそうですね⤴

さて、今回は精神的なもの。妊活にまつわるお気持ちの話です。

妊活には大雑把に分けると
@タイミング指導
A人工授精
B体外受精

に分かれます。
金銭的・時間的に負担が強い治療は体外受精といって間違いないでしょう。
代わりにタイミング指導は通院の時間・金銭的負担は少ないです。


ならばタイミング指導というのは「楽」な治療なのでしょうか?

私はそうは思いません。
タイミング指導の時期に強いストレスを感じる女性は多いです。

タイミング指導中は通院が女性だけであることが多いため、
男性の「治療の意識」が少ないです。
そのため妊娠に対する足並みが揃わない事にもどかしさを感じる女性が多いです。


・排卵日を伝える時に気を遣う💦
・月に1回しかない排卵の時期にご主人の仕事が忙しい・飲み会があるとモヤモヤする💧
・ご主人から「そんなに気にしなくても授かるよ〜。」という発言にイライラする💢

こんな悩みを打ち明ける患者様はいっぱい‼‼‼‼‼‼‼‼
ご主人との子供を授かりたいのに意識が違うと本末転倒…。


思うに、男性側の知識の無さが原因に思います。

ご主人との意識の違いに悩む方はタイミング指導中の患者様が圧倒的に多いです。
体外受精をされている方でこのように悩む方は少ないです。
むしろご主人の協力的な点に感謝される方が多いです。

以前患者様のご主人から

「なるべく妊活について知りたいとは思うけど、自分にはない体のことだからどうしても分からないことが多い」とお話されたことがあります。


・どうして決まった日にタイミングを取る必要があるのか?
・妊娠する確率がどれくらいか
・年齢と妊娠の関係

このあたりの知識を得るだけでも、ご主人との意識の差は狭まるのではないでしょうか?

とはいえ、ガミガミいっては逆効果。
北風と太陽で表すならば、女性は太陽☀となって優しく話をすると素直に聞いてくれるように思います。

お気持ちが体に与える影響は多いです。
当院のように個室の治療室ですと、思いの丈を話せるということをよく伺います。

気持ちを溜めこみすぎず、いつでもスタッフにお声かけください。


楠本
posted by そあら鍼灸院 at 11:35| タイミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

平成28年3月本部研修会

こんにちは!楠本です。

少し久しぶりになりますが、研修会の報告をさせていただきます。
今月の本部会は院長も高見も発表でした!

院長は何度かでている話題ですが、入門クラスの講師ですので発表が多いのです。

メガネにスーツだと少し印象が変わりますね。

20160316083709.jpg

楠本はずっと金融系のサラリーマンのようだと主張しました😃


そして高見はトレードマークのメガネを外しています。

20160316083823.jpg

発表が終わっての安心ポーズ✨
20160316083700.jpg


発表は準備は大変ですが、成長チャンスの場でもあります。
いつも発表が当たるのではないかビクビクしている楠本ですが、今年は無さそうかな…?

代わりに今年も発表・講義が多い院長の補佐をする研修会内の1年になりそうです。


楠本
posted by そあら鍼灸院 at 08:46| 漢方鍼医会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

お灸は熱い方がいい?熱くなくてもいい?

こんにちは、楠本です。

研修会を出れないこともあり、報告できずすさまじく久々なブログ更新になってしまいました⤵

以前から患者様にお灸は熱くなくては効かないのか?とよく聞かれます。

お灸にも色々種類がありまして、熱くなるまで据えた方がいいものもあれば、熱くなくても大丈夫なものもあります。

「せんねん灸」というお灸は患者様が使われるお灸の中で最もメジャーなものです。
ドラッグストアにも売ってますし、手軽にできる優れものです🎵

せんねん灸は間接灸といって皮膚とお灸の間に台座を挟んで間接的に温めます。
こちらは熱くなるまでお灸をしなくて大丈夫です。

充分に熱がツボに伝わっていますのでそれで問題ないです。
時々1回お灸をしただけで、水ぶくれになってしまったという話も聞きますので、我慢はしなくて大丈夫‼

逆に熱くなるまでお灸を据えた方がいいものもあります。

眠れない時に使う「失眠」
気持ち悪い時に使う「裏内庭」

これらは熱くなるまでお灸を据えた方がいいと言われています。

昔楠本は生ガキに当たってしまったことがありました…😠
横になっていても気分は悪く、自宅のお灸セットを用意し、這うようにして台所に向かいガスコンロで線香に火をつけました(ライターが見当たらなかった⤵⤵)

ひたすら裏内庭にお灸を据えていたのですが、びっくりするほど熱を感じませんでした。
「やっぱり症状がある時は熱を感じないな。」と思いつつお灸を据えていたら、15壮目ぐらいで熱を感じました。

その瞬間胃がグルグル〜〜と動いて、少し気分が楽になりました。

この隙に!と思い、線香の火を消してすぐに眠りました。

翌日スッキリ!!まではいきませんでしたが、早めに回復しました。


こうして翌朝はお灸の偉大さを感じつつ、お灸セットの片付けをした楠本でした!!
posted by そあら鍼灸院 at 12:56| 鍼灸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする