2016年07月20日

実家の犬

こんにちは、楠本です。

先日は久しぶりに横浜の実家に帰りました。

近い筈なのに無精者の楠本は年3,4回しか実家に帰らない親不孝者です


そこで時々楠本の会話にでてくる実家の犬と思う存分遊んできました


「はじめまして。楠本ゴウです。」

gou2.JPG


楠本の大好きなベイスターズの犬ウェアを着ています。


まったりしているとこんな感じ

gou1.JPG


うーん…太い…。

gou3.JPG


とってもおバカですが、楠本家の大切な家族です

長生きしてくれるといいなぁ。


楠本
posted by そあら鍼灸院 at 15:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

平成28年7月本部研修会

こんにちは、楠本です。

大分暑くなってきましたね!水不足が心配です

さて、先日は研修会でしたので、そちらの報告をさせて頂きます。


今回は本部会ですので中野が会場です。

まずは第1席目「本治法の後の肩ナソ」です。
普段の治療で首・肩周りに軽く鍼をする事があると思います。
首肩周りへの軽い鍼だけでも脈は変わります。

肩周りへの治療を中心にお話を伺いました!


引き続き第2席目は「難経九難を踏まえた本治法」です。
難経というのは私達が最も重要視している鍼灸の医学書です。
この医学書に基づいた治療でのお話です。


そして午後は実技で終了!

充実した1日です。

そして…
院長は実は前日の土曜から鍼灸学術尽くしな2日間だったようです。

毎年8月に夏期学術研修会という泊まり込みの研修会があるのですが、院長は研修会で講師を務めます。
その講師合宿というのが前日の土曜からあったようです。

しかも日曜は発表…。大忙しの2日間ですね。

日曜の発表はこんな感じだったようです。
楠本は別クラスにいたので、他の先生に証拠写真(?)を撮ってもらいました

5.jpg



楠本


posted by そあら鍼灸院 at 15:44| 漢方鍼医会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

成子天神社の富士塚

みなさま、こんにちは。
今回はそあらからも目と鼻の先にある成子天神社のリポートです。


そあらのある西新宿といえば、高層ビルの立ち並ぶオフィス街、そして今や海外からの旅行客であふれる電気街の印象が大きいですよね。

ところが大通りから一歩入ると、住宅街があったり昔ながらの神社やお寺が残っていたりする街でもあるのです。


その中でも新宿のパワースポットとして最近有名なのが成子天神社の富士塚。


富士塚とはその名の通り富士山を模した塚のこと。
江戸時代の頃の民間信仰の1つに富士講というものがあります。
信仰の拠り所として人工的に富士山を作ったのですが、それが全国各地に残る富士塚なのです。
富士講では巡礼として富士山に登ります。
富士塚は富士山に登ったのと同じくらいのご利益があるといわれています。


成子天神社の場所はそあらのすぐ近く。
青梅街道をはさんで東京医科大学病院の向かいあたりに入口があります。
入口はわりと小さいので普段は気付かずに通り過ぎている方が多いかもしれません。


入ると細長〜い参道が続きます。
奥に朱色の鳥居が見えますね。
KIMG0367.JPG


境内は最近建て替えられて新しいものばかりですが、千百年もの昔からの由緒ある神社です。
今の場所には三代将軍徳川家光公の時代からあるとのこと。
西新宿の高層ビルが見えたり、まわりをタワーマンションやビルにぐるりと囲まれていて、新宿らしい不思議な雰囲気の神社です。


境内には小さな祠や七福神が祀られており、神社にお参りするのが好きな方は楽しめるはずですよ。
最近は海外からの参拝客も多いようで英語のガイドがありました。
KIMG0520 (1).JPG


目指す富士塚は本殿よりも奥の方。
実は裏の北参道から入った方が近いのです。
写真の手前の朱色の鳥居が北参道の鳥居。
鳥居の右手、木が茂っている丘が富士塚です。
20160105_135901841[1].jpg


手前に小さな祠が見えますね、これが浅間神社です。
浅間神社は富士山を神格化した浅間神をお祀りしています。
古事記で有名なニニギノミコトの妻であり海幸彦と山幸彦の母であるコノハナサクヤヒメノミコトを浅間神とする信仰もあるそうで、こちらにも祀られています。
ちなみにコノハナサクヤヒメノミコトは出産や子育ての神様でもあります。


富士塚のいわれについて説明してあります。
20160105_135725603[1].jpg


その後ろにそびえる富士塚。
こう見ると結構な高さがありますね! 
20160105_135741708[1].jpg


実際に自分も富士塚に登りましたが、登山道(?)は狭く、傾斜が思いのほかきつめ。
足元にはどうぞお気をつけて頂上を目指して下さいね。


自分が登った後も、一人で参拝した方たちが富士塚に登って行く姿がちらほら見られました。
新宿にお勤めしていると思しきスーツを着たサラリーマンや、学生さんっぽい人も。
さすが最近話題のパワースポットでした。


高見 
posted by そあら鍼灸院 at 09:02| そあら鍼灸院の近所のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする