2016年12月22日

H28.12東京漢方鍼医会

こんにちは、楠本です。

年内には書こうと思っていた研修会の報告が年明けになってしまいました


毎月第4日曜は鍼の研修会なのですが、12月のみ第3日曜が研修日です。
第4日曜ですとクリスマス時期に被ってしまいますからね


12月の研修会会場は高井戸地域区民センターです。

時々こちらで研修した事がありますが、とてもきれいで広い会場です!!
(駅徒歩3分の所にある会場ですが、初めて行った時楠本は散々道に迷いました


まずは第1席
「尺膚について」です。

尺膚とは肘から手首の内側部分。日の当たらない場所です。

私達も脈と合わせて尺膚を見ます。
診察にとても有効な場所なのです

顔色なども診察の際参考にしますが、化粧などでどうしても分かりにくい事が難点。

その点尺膚は影響が少ないすっぴんの場所となります。
尺膚の重要性をよく感じていたのですが、1コマ丸々講義を受けた事は初めてで興味深かったです


2席目は「湧湧研修」です。

「湧湧研修」とはそあらで特にお世話になっている先生を中心に研修後に行っている居残り研修会です。
全員が参加できないので、そこでどんな研修内容なのか改めて講義してもらいました!


脈について、ツボ取りについて、どれも実践的な内容でまさしく
「明日から使える使える講義!」でした。


午後は実技を行って終了です。


1月は第2日曜の研修がお休みですので、また第4日曜の方の研修内容の報告をさせていただきます。


楠本


posted by そあら鍼灸院 at 10:59| 漢方鍼医会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。