2017年06月13日

平成29年5月東京漢方鍼医会

こんにちは!楠本です。

梅雨入りしましたけど、雨らしい雨はないですね

さて、相変わらず遅くなってしまいましたが、5月の東京漢方鍼医会の報告です。


まずは第1席目「望診」

この講義は院長が担当しました


…が、しかし!!!


写真を撮り忘れました。


気を取り直して、講義についてです。
望診とは東洋医学における診断法の1つです。

東洋医学では「四診法」といって診断法を4つに分類しています。

望診  
患者さんの体型や顔色、皮膚の色、など目で見る診察法

聞診 
声や呼吸、そして匂いなど聴覚と嗅覚を使う診察法

問診 
患者さんにお話を伺い、発病の時期や原因、経過など細かく伺います。患者さんにとって最も馴染みのある診察法ですね。

切診  
脈やお腹など患者さんに直接触れる診察法です。


今回はその中で「望診」といって視覚的な診察法についての講義です。

例えば、私たちの顔色。
普段は黄色かかった色、黒っぽい色などのベースはありますが、よくよく顔色を見ると色が違うのです。

そんな見る事による診察法を院長にじっくりお話ししていただきました

2席目は難経脈論

前回、私と福田先生から始まった脈へのディスカッションを中心としたもの。

どうやって脈を診るか、脈への考え方。
もう議論は止まりません


そして午後は実技。

最近は来年の夏の夏期研修会に向けて、研究する班と日々の実技練習をする班に分かれます。

院長は研究班で院長以外のそあらメンバーは日々の練習です。
楠本は今回急遽日々の練習の取り仕切りがあって緊張しました

こんな感じで脈をみます。
星野先生登場。

IMG_0133.JPG


加藤さん脈を診られつついい笑顔。

IMG_0132.JPG


鍼灸の勉強は日々努力です

今後も精進を重ねていきたいと思います


楠本





posted by そあら鍼灸院 at 10:36| 漢方鍼医会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする