2017年07月08日

H29.6東京漢方鍼医会

こんにちは!楠本です。

一時は雨が続きましたが、ここの所晴れている日が増えましたね

さて、恒例の研修会報告です。

6月の東京漢方は高円寺で行われました。

第1席目は「選経、選穴による補瀉の考え方」です。

ちょっと専門用語が多くて分かりにくいですよね

選経・選穴とはどのツボを選ぶか。

体の足りないものに補い流れをよくすることを「補」
詰まったものを取り除く事を「瀉」

同じツボを選んでも鍼のやり方によって体への効果は変わります。


つまりどのツボを選んで、どのように鍼をするか、という私達鍼灸師が最も悩む所

こちらを本部会員の先生が発表されました


司会は院長です。

IMG_2079.JPG


永遠のテーマであるため、とても興味深いお話でした


第2席目は「難経脈論 15難」です。

この15難は季節について書かれています。

私達は常に季節の影響を受けています

患者様の体が良くなっているかどうか、これは全て今の季節を前提に考えられます。


丁寧な資料と共に皆様で討論しながらの講義でした


午後は実技。

楠本は今回実技のモデルをやりましたが見事に爆睡しました

星野さんと同じ班だったのに恥ずかしい


今月もたくさんの刺激を受けた研修会になりました!


※実技の風景。
後姿になってしまいましたが加藤さんと福田さんです。

IMG_0133.JPG


治療モデルをやると高確率で爆睡です…。
楠本
posted by そあら鍼灸院 at 16:20| 漢方鍼医会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする