2010年12月28日

AMH(抗ミュラー管ホルモン=アンチミューラリアンホルモン)

AMH(抗ミュラー管ホルモン=アンチミューラリアンホルモン)とは

卵巣の中に卵子があとどのくらい残っているかを

間接的に調べることができるホルモンです。


測っている病院が増えてきています。


数値により、
・治療をいつまで行うことができるか
・卵巣刺激の量(いくつくらい採卵できそうか)
・POF(早発卵巣不全)の予測
などの判断材料になります。



高ければ良い卵子に出会える率があがるので
妊娠には有利です。

しかし、AMHの数値=卵の質ではありません。

AMHが低いからといって卵の質まで悪いということではありません。




数値が0でも妊娠し出産した例はあるようです。

つまり数は少なくても卵の質が良ければ、
妊娠の可能性が高まるということです。


卵の質は、年齢との関連が強いと言われていて、
一般的には、年齢が上るに連れて卵の質が落ちていきます。

当院では、この妊娠にとって重要な卵の質を良い状態にできるように鍼灸治療を行っています。

AMH(抗ミュラー管ホルモン=アンチミューラリアンホルモン)・・・
今後の治療方針を決める上で、
重要な指標となるホルモン検査になりそうですね。


そあら鍼灸院


ラベル:AMH
posted by そあら鍼灸院 at 21:19| Comment(0) | ホルモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。