2011年06月30日

はるか昔の妊娠への認識 『甲乙経』

前回と同じく西晋の時代、皇甫謐(こうほひつ)が
鍼灸医学書である『黄帝三部針灸甲乙経』を著しました。

『素問』『霊枢』『明堂』という書を身体の部位・病気・事項別に再編集したものです。


皇甫謐は若いころは遊んでばかりいましたが、叔母の諌めにより、
それからは様々な学問を修め、著書も残しました。
後に『甲乙経』をつくります。
ものすごい読書家だったそうです。



その『甲乙経』には
「絶子灸臍中、令有子」(臍に灸すれば子を得られる)
「女子絶子、衄血在内不下、関元主之」(絶子は瘀血が下らないため。関元に鍼をする)


等の記載があります。


当院での臨床にあてはめると、
冷えのある方や、お腹を触って硬い方に不妊症の方がとても多いと感じています。


例えばこんなお腹ですね。
あなたは冷え症ですか?お腹の状態はいかがでしょうか?
こういうタイプではよくお臍の灸をすることがあります。
知熱灸というあったかくて気持ちいいお灸です。興味のある方は知熱灸を参照してください。
瘀血(おけつ)については、冷えのぼせ(頭が暑いが足は冷えている)・肩コリ・便秘・頭痛などを訴える方が多いです。
他にも書きたいことがたくさんあるので、瘀血についてもいつか書きたいと思っておりますが、こちらも不妊症では多くいらっしゃいますので今気になっている方はお電話下さい。


古典を勉強すると色々な事が見えてきてとても楽しいです。


古典と不妊治療 そあら鍼灸院


posted by そあら鍼灸院 at 13:00| 東洋医学と不妊治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。