2012年01月31日

はるか昔の妊娠への認識 『医心方』

日本に現存する最古の医学書です。

平安時代に丹波康頼(俳優の丹波哲郎の祖先)によって隋や唐の医書などを編集。唐までの医学の集大成といわれる書です。


鍼灸・諸病の治療法・房内(性医学)・食養などにわたっています。

全三十巻のうち
第一巻に総論
第二巻に鍼灸
第二十一巻 婦人科疾患
第二十二巻〜二十四巻 産科
第二十五巻 小児科疾患
第二十六巻〜二十七巻 養生
第二十八巻 房内
第二十九巻〜三十巻 食養
となっています。

不妊の治療法、妊娠の確認方法、性別の当て方など、治無子法について記載されています。


『医心方』は後世に大きな影響を残した書であり、現在は国宝に指定されています。

そあら鍼灸院


posted by そあら鍼灸院 at 10:49| 東洋医学と不妊治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。