2016年10月16日

平成28年10月本部研修会

こんにちは、楠本です。

少し前まで暑い暑いと思っていましたが、急に寒くなりましたね

最近はお腹の冷えは勿論ですが、お尻まわりを冷えない方法を研究中です


さて、では今回も研修会の報告です。


第2日曜は中野で本部の研修です。

10月の研修会は毎年外部の先生をお呼びしての研修会です。

今年は京都大学人文科教授の武田時昌先生です!!

講義のテーマは
「中国文化における数の概念:天の6と地の5」です。

東洋医学では数字を大事にしています。

「2」に分ける陰陽論
「5」に分ける五行論

他にも「3」「6」様々な数字がでてきます。

人文科の教授の話なので鍼灸とは関係ないのでは??と思いきや、鍼灸の医学書が講義内容にでてきたり、多彩な内容でした

そしてとてもエネルギッシュ

ここまで精力的に活動されるので教授という立場まで上り詰めているのかな…と感じました。


鍼灸とは別の立場の先生からの東洋医学の講義は非常に興味深かったです


楠本


posted by そあら鍼灸院 at 15:39| 漢方鍼医会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。