2016年11月16日

H28.11漢方鍼医会本部会

こんにちは、楠本です!

13日は中野で研修会でしたので報告させていただきます。


1席目は外来講師講演の振り返りでした。


10月の研修会では京都大学人文科教授の武田時昌先生の講義でした。


外来講演の翌月は振り返りの講義があります。


…この振り返りの講義はなかなか大変なのです


楠本も振り返りの講義を担当した事がありますが、苦労しました


今回発表された先生は楠本が普段から大変お世話になっている先生なのですが、今回も難しい内容を分り易く嚙み砕いて講義していました!


2席目は

「虚実について」です。

簡単に言うと
「虚」とは足りない、弱った状態
「実」は詰まっている、身体に悪さするものが存在する状態

です。


東洋医学において大事な考えです。



そしてまた午後は実技練習をして研修が終わりました。


どうしても悪い癖がつきやすい楠本にとって研修会は大切な時間です。


一歩ずつ精進していきたいと思います。



楠本





posted by そあら鍼灸院 at 16:39| 漢方鍼医会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。