2017年03月22日

H29年2月 東京漢方鍼医会報告

こんにちは!楠本です。

少しずつ春の温かさが感じられますね

花粉症の楠本にはちょっと辛い季節でもあります


なかなかブログをアップできずじまい…


実はこの2月の東京漢方鍼医会の準備に追われていました

2月の東京漢方鍼医会は外来講師講演。

いつもでしたら会員の先生が発表するのですが、今月は外部の先生です


外部の先生となるといつもと準備は全く違います


お呼びした先生は大阪の森本繁太郎先生です。

伊丹市で開業されていて、会の発足時からのメンバーです。
そあらの先生方が使用している鍼は森本先生が開発された「森本式鍉鍼(ていしん)」です。


そんな偉大な先生ですが、実は院長を始めそあらの先生は大変お世話になっています。

大阪には何度か研修に参加させていただいています。→そのうちの1つ。


そこで大変お世話になっているため、また講義が聞けて嬉しい限りです


今回の講義は
「私の今現在の臨床全て」

という事で森本先生の現在の臨床を余すことなく教えていただきました


午後は実技。
ここでも先生の手技を体験

当院の鍼灸治療も優しい治療と言われますが、先生もとても軽いソフトタッチ


触れるか触れないかの軽い手技なのに、モデル患者さんの体はどんどん変わります

みんな圧倒されてしまいます。


あっという間に午前も午後も終了し、夜は懇親会。


みんなで質問などをして楽しい1日でした



楠本
posted by そあら鍼灸院 at 19:20| 漢方鍼医会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする